読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラノベとゲーム制作かもしれないブログ

オタクが最近読んだ見たラノベアニメ作るゲームの話を書きます。

アサシンズプライド 感想

ライトノベル

(あらすじ)

マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負い―。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない、暗殺教師の矜持にかけて、少女の価値を世界に示せ!第28回ファンタジア大賞“大賞”受賞作。

 

ネタバレ 

 

 

(ストーリー)

主人公クーファが上司である男からある任務を受ける。

それは全く才能のないお姫様メリダの家庭教師だ。

この世界では貴族はマナという特殊能力が使えていて、さらにそれは細かく分類すると

サムライや聖騎士などがある。

各属性ごとにステータス……伸びしろなどが違う。

そのトップが聖騎士である。

ヒロインであるメリダは本来聖騎士の末裔なのだがなぜかそれが表れなかった。

そこでクーファは自分のサムライをメリダに移植して上層部を騙すことにした。
聖騎士ではなくても、皇族に恥じない戦果をたてれば上層部も安心するだろうと。
問題はそれまでばれないか。


※上層部からはメリダが聖騎士に目覚めない様ならクーファ自身で殺せと言われている。

 

クーファはメリダに自分を重ねていてなかなか殺すことができない。
だから、国中を巻き込んだ嘘に身を投じる。

メリダは学校では才能無しだと虐められていたがクーファの移植と特訓により学校行事の試合に出ていじめっ子のボスであるネルヴァを倒して学校の人から。親から少しだけ認められる。


それは逆に言えばメリダが聖騎士ではないことを世界に公表したのと同義(分かったのは数人)
そのせいでメリダとその幼馴染であるエリーゼを誘拐。
メリダが頑張るもまだ誘拐犯の力には及ばない。
そこにクーファが着て若干押されつつも自身の体質である吸血鬼の力を使って撃破。

 

言い忘れたけどこの世界では呪われた夜というものがあって
街以外の地に長く居ると化け物になってしまう。

 

誘拐犯を倒してクーファは改めて嘘を守る誓いをして終了


(感想)
初めて今期ファンタジア大賞受賞作品を見ました。
思ったより面白いです。
ファンタジアらしい王道に付け加えて主人公がヒロインを殺すかもしれないアブノーマルな要素を含んでいます。
マナや呪われた夜というこれから膨らませようのある要素もあり、これは一巻一巻増えていくにつれて面白くなる作品だと思います。
近年近いものは同じファンタジア文庫から出ている【空戦魔導士候補生の教官】だと思います。

話は変わりますがファンタジア大賞作品は全てかったので読み次第感想あげます。

 

(作品一言紹介)

「あなたは俺の自慢の生徒なのですから」

 

(表紙)

 

f:id:aki1127:20160306153118j:plain